豚ホルモン
食処・酒処『鈴らん』の豚ホルモン
食処・酒処『鈴らん』の豚ホルモン【秘伝のタレ付き】食処・酒処『鈴らん』の豚ホルモン【秘伝のタレ付き】食処・酒処『鈴らん』の豚ホルモン【秘伝のタレ付き】食処・酒処『鈴らん』の豚ホルモン

食処・酒処『鈴らん』の豚ホルモン(100g)

324 

在庫あり

商品の性質上、確実に受け取れる時間の指定をお願いいたします

内容量:100g
表示金額は税込価格です。

 大分県豊後大野市でホルモンと言えば「ブタ」です。
豚ホル王国のホルモンの特長は、やはり「下処理」です。
丁寧に長時間処理をして余分な脂肪分をすべて取り除きます。もちろん臭みもない状態まで処理をします。
 ホルモンの肉質自体にはまだまだウマミたっぷりの脂肪があるので、処理の結果はほどよいジューシーさだけが残ります。

 

<<豚ホルモンって臭くないの?油でギトギトしてない?>>

豊後大野市・犬飼町には県下唯一の豚の処理場があるため、同市内・清川町にある『鈴らん』では豚のホルモンを新鮮な状態を保ったまま丁寧に処理することができます。
また、その処理も水洗い・油の取り除き・整形の工程すべてを時間をかけて丁寧に行なっているため、臭みのなさとこげつきにくさ、油っぽくないコリコリした食感は当店の自慢となっております。
牛ホルモンとはひと味ちがうヘルシーさとたっぷりのコラーゲンをぜひお楽しみください。

 

<<『鈴らん』自慢の豚ホルモンの特徴!>>

①牛ホルモンと比べて食べ飽きない
なぜならば、脂っぽくなくあっさりしているからです。そして焼いていくと、ちょうどいい程のジューシーな脂が中から出てきます。そして、なんといっても特徴的なのは「秘伝のタレ」との相性です。醤油ベースのタレはいつまでも食べ続けられます。

②臭みは全くない
なぜなら、下処理にものすごくこだわっているからです。『鈴らん』では内側についた脂をすべて取り除き、洗いながらツルツルの状態まで処理をします。さらに、食べやすくするために端っこを切って、同じ形・同じ厚さに仕上げる”
端処理”をします。10kgの豚ホルモンの処理に長い時は5〜6時間かかることもあります。


③牛ホルと比べて低カロリー
牛ホルモンとカロリーを比較すると、豚ホルモンに何も処理しなければ「豚ホルの方が高カロリーです」。
しか~し!豚ホル王国のホルモンは、表面の脂は処理工程ですべて取りますので、牛ホルモンと比べて低カロリーなホルモンになるわけです。しかもかなりの差がつきます!女性は豚ホルモンを美味しく食べて太らないのが自慢です!


④牛ホルと比べてコラーゲンたっぷり!
豚のもつ(ホルモン)には、ビタミンA群、B群、鉄分、亜鉛などのビタミンとミネラル、そしてコラーゲンが多く含まれています。しかもスーパーなどではほとんどお目にかかれません。豚料理で有名な沖縄県では、豚ホルモンは美容のために重宝されているそうです。豚さんは女性の味方ですね。

⑤牛ホルと比べてコリコリ食感
年齢を重ねると「ホルモンって脂っこいから....」って、だんだん食べなくなりますよね。私たちの地元では、子どもから老人までみんな大好きです!豚ホルモンと地元の焼酎の食べ合わせがいいのかもしれませんね。子どもはご飯のおかずに、お父さんお母さんは豚ホルモンをつまみながらの家族団らんです。

⑥地元で処理されたばかりの新鮮さ・保存方法
肉にも「新鮮」があります。豚ホル王国のホルモンは『鈴らん』がご注文いただいてからパック詰めを行います。さらに少しでも新鮮な美味しさをお届けするため、冷凍してしまうのではなくクール便でお送りします。到着後すぐお召し上がりになるのが一番のおすすめですが、どうしても食べられない場合はご家庭で冷蔵保存も可能です。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら!→豚ホルこだわり

画像に表示されている英数字を入力してください。

ロード中...